毛と皮膚の構造について

これから脱毛を受けようと思っている人はある程度知識をつけた上で受けるとより効果的です。

その一つに、毛と皮膚の構造についてありますので、見てみましょう。

毛は重要なもの

毛という存在は皮膚を守っているとても重要なものです。そして哺乳類はほとんどの生物に毛があるのが特徴です。皮膚の表面の大半の部分に毛が生えています。この毛の構造というのは皮膚の角質化がきかっけです。ですから皮膚に属していると考えられています。

毛の種類

毛は皮膚の表見から出ている部分は毛幹と呼ばれ皮膚の表面より下の部分で普段は見ることができない場所のことを毛根と呼んでいます。脱毛を受けるためにサロンなどへ行って説明を受ける際には毛根という言葉が出てくるかと思いますが、皮膚の表面より下にある毛のことだということがこれでわかりましたね。さらに毛根の中で一番下にあるのが毛乳頭です。

毛乳頭とは

毛乳頭には毛を成長させるための栄養分などが入っています。毛乳頭にある毛母と呼ばれる部分が成長したり増殖したり分裂して古い細胞が角化し、そして毛になります。脱毛を受ける場合は毛母細胞に光を当てて破壊して成長しない、新たに生えてこないようにしています。

脱毛を受けるにあたって毛と皮膚の構造は知っておいたほうがいい情報ですので覚えておきましょう。